顧問先のM&Aが無事クロージング


M&Aに挑戦していた私のお客様の会社が、無事クロージング(代金決済など)を迎えました。
(パチパチ)



社長から「この先会社をどうしよう」と相談いただいたことからはじまり、方針決定、M&A仲介業者の選定を一緒に行いました。

依頼する業者さんが決まった後も、ずっと社長の横で相談を受け続けました。

(社長の知恵袋的なポジションですね)




「仲介業者がいるのに、私の役割が必要あったのか」と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。

そのあたりは個人個人の価値観です。

ただ、M&Aに着手しても、いろいろと悩みや問題は生じるものです。

そして、交渉が進めば進むほど売り手は精神的にきつくなってきます。

私のような立場の人間がそばにいることの心強さは間違いなくあると思います。




ちなみに、奥村がM&A仲介の立場で動く場合もあります。

相手を探したり、間に入って条件を調整したりする役目です。

ただ、それは限定的で、小さな会社であったり、動くお金が小さい場合のみとしています。

取引が大きくなると、奥村のような個人で動いているプレーヤーでは、どうしても処理能力の限界が・・・


一方、小さな取引の場合は安心して任せられるプレーヤーがあまりいないこともあり、奥村が担わざるを得ないという面があります。

取引金額にすると売買代金が2000万円以下といったところでしょうか。


今回の件、話が二転三転し、何度も交渉決裂を覚悟したものです。

最後まで来れたことが奇跡のよう。

M&A仲介業者さんが粘り強く対応してくれたおかげです。

無事に社長さんをゴールまでお連れできて本当によかったです。




またひとつ仕事が終わりました。

安堵と満足と、ちょっとの寂しさを感じるところです。




【奥村に一度相談をしてみたい方へ】
個別コンサルティング

【会員募集中!】
『着地戦略会』現場の知恵を月額3000円で活用 ★

【公式ホームページ】
社長のやめ方.COM』

【相談会・イベント】
奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】
※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)