顧問先の事業譲渡(または不動産売却)の担当者となる


ちょっと前ですが、金沢に出張しました。

私の顧問先は関西の会社です。

金沢にも事業展開をしているのですが、そちらの業績が低迷しています。



そこで、「他社へ事業譲渡をするか」それとも「事業は廃止し、不動産を売却するか」。

こんな検討をしています。

奥村が出向いて現地を調査してまいりました。

現場責任者さんの話を聞いたり、不動産業者さんと内覧をしたり、と。



自分で言っちゃうと、我ながら有用で便利な存在です。(笑)


本来ならばこのレベルの話は社長自ら動くところでしょう。

しかし、他の仕事があり手が回りません。


事業譲渡や不動産売却の詳細という面では、社長の経験が足りないところもあります。



動けない社長に代わって動ける人間が社内で誰かいないか、という話になれば、それも無理。

任せられそうな人はいません。


あくまで内密の話なので、社員を動かすのは避けたい面もあります。



そこで、奥村に白羽の矢が立ったのです。

スキル的にも、立場的にもピッタリです。

外部の人間ではあるけれど、会社内部のこともよく分かっているというところが、この件を担うに絶妙なところでしょう。



現地調査を踏まえ所見を社長にお伝えしました。

社長の心は固まったようです。





【奥村に一度相談をしてみたい方へ】
個別コンサルティング

【会員募集中!】
『着地戦略会』現場の知恵を月額3000円で活用 ★

【公式ホームページ】
社長のやめ方.COM』

【相談会・イベント】
奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】
※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)