経営者保証ガイドラインの事業承継の特例は、成果を生まない・・・



事業承継の「経営者保証ガイドライン」について、メインサイトに私の考えを書きました。

「事業承継の『経営者保証ガイドライン』を斬る」


事業承継の経営者保証ガイドラインは、要件が揃えば事業承継時に後継者が、会社の借金の個人保証免れるというものです。

しかし、政策的な見地からは、ほぼ意味がないと思っています。



この要件にはまる会社は、いわば良い会社です。

後継者が継いでも何の問題もない会社です。

そんな会社を与えられて「個人保証が怖いから継ぎたくない」なんて主張は、甘えるのもいい加減にしろというレベルだったりします。


私がこれまで事業承継を支援してきた経験でも、ガイドラインに該当するような会社で、個人保証がネックになって事業承継を見送ったケースなんて1件もありません。




それゆえ、この「経営者保証ガイドライン」ができたおかげで、事業承継が広がることはないと考えるのです。

これまでだったら進まなかった事業承継が、このガイドラインができたおかげで進行した、こんなケースはめったに起きないでしょう。

このあたり、統計を取る人たちは「経営者保証ガイドライン」のおかげで事業承継が増えたと、うまいこと数字を作ったりするのかもしれませんけどね・・・



もちろん、使える会社は使えばいいのです。

運よく良い会社を手にできる後継者は、保証免除まで勝ち取ってしまいましょう。







【奥村に一度相談をしてみたい方へ】
個別コンサルティング

【会員募集中!】
『着地戦略会』現場の知恵を月額3000円で活用 ★

【公式ホームページ】
社長のやめ方.COM』

【相談会・イベント】
奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】
※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)