商売は、面倒な奴でいることが大切かも


「ブログの記事にはなんでもいいから写真あったほうがいいよ」と師匠の助言。

「毎回写真を用意するなんて大変だ」ともらしたら、フリー画像のサイトを紹介してもらいました。

いろいろな写真が貯まっていて、それをタダで使わせていただけるという代物です。



「これは便利だ」と思い、いざ使おうとしましたが気が乗りません。

便利だからと安易に楽をすることがためらわれたのです。


うーん、我ながら面倒くさい。

でも面倒くさい性質でいたから、今があるような気がします。



私の仕事では、便利さや値段を売りにしてこなかったし、他の同業者とは一線を画してきました。

なんとか協会のようなものに属し、長いものに巻かれようというスタンスを取ったこともありません。

おかげで、独自のスタイルができたし、発言の機会を与えてもらえることも増えました。



このあたりの話を社長さんともすることがあるのですが、なかなか伝わりません。


商売に対し安易な考え方を抱いてきた方が多く、経営再建の場においてもその感覚を捨てられないのです。

要は「手っ取り早く儲かる方法はないのか?」と。

このものが売れなくなってきた世の中で、そんなイージーにいくわけはありません。


何を目的に、どうやってやるのか?を深く深く掘り下げましょう。

そもそも「なんであなたがそれをやるのか?」かも大切な問いです。

自問自答を繰り返し、ようやく見えた何かが本当の答えとなるでしょう。



こういうのは、わかる人にはわかるけど、多くの人には「ポカーン」な話だったりします。

そんなこんなで、日ごろからカメラを持ち歩いて画像を収集しようと思っています。



【奥村に一度相談をしてみたい方へ】
個別コンサルティング

【会員募集中!】
『着地戦略会』現場の知恵を月額3000円で活用 ★

【公式ホームページ】
社長のやめ方.COM』

【相談会・イベント】
奥村関連のイベント・セミナー情報

【書籍】
※新刊※
『社長、会社を継がせますか?廃業しますか? - 誰も教えてくれなかったM&A、借金、後継者問題解決の極意-(翔泳社)
0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 (光文社新書)